相変わらず断捨離づいてる毎日、教祖的な方々の著作を読む。やっぱり染みるわ〜。






ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -


佐々木氏の「刺激の差」の話がとても興味深い。「喜びは長く続かない」という話も。ものを得た喜びはすぐに消え、あることが当たり前になれば「大切なもの」ではなくなっていく。あと「ものへ向ける意識の大きさ」の話も面白かった。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




処分対象から着たい服へ

メルカリ&ジモティを活用してどんどんものを減らす中で、その対象に上りかけた服がある。「Souple Luz」というブランドの「ボタニカルダイ ボートネックカーディガン」というお品。自分感覚では奮発して買ったものの、ちょっとおしとやかめの雰囲気で普段使いが躊躇われ、結果あまり活用されず。

 

お品としては良いものなので、メルカリに出そうと詳細情報を調べる中で、買ったお店のブログをみて気が変わる。トルソーが来ているその服が、とてつもなく素敵だったのだ。買った時もこの写真を見て、「是非お迎えしたい!」 とお店に急いだんだったわ。

ボタンを外して羽織るように来てたけど、トルソーのように全部留めてカットソー 的に着た方が良さそうだ。そして恐れず普段使いしよう。それでも着ないようなら、改めて処分を検討しようと思い直す。


お直ししても着たい

94CDB511-367E-42A5-9767-7666C05445AC_1_201_a
改めて切るようになって2回目くらいで、肩の辺りがほつれて穴になっているのを発見。これは……目立つ。このまま着てたら、穴がどんどん大きくなってしまう。ちょっと考えて、メーカーに直接修理できるか問い合わせてみた。



すると、なんと代表の方から返信メールが!「元どおりは無理でも、着用に問題ない程度に直すことはできます」とのこと。それも送料のみの負担で、無料でやってくれるとのことだった。な、なんと素晴らしい!

904C2AF0-DB27-4D27-B4A0-81A11763846D_1_201_a
1週間ほどで手元に戻ってきたお品には、素敵な手紙まで添えられていた。そして何より、お直し状態が素晴らしい。そう思って探さないと、痕跡が見当たらないくらいきれいに直っているじゃないか!さすがプロのお仕事。

これでまた着て楽しむことができる〜。メーカーの方、本当にありがとうございます!

※ちなみにこのお品、極薄生地を織ってくれる工場がなくなってしまって、再販はないそうです。素敵なお品なのに!ますます大切にせねば。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村