夜中に目が覚めてタブレット触ってて、気がついたら坂口恭平氏の「お金の学校」10冊セットを購入していた。



1冊1000円、10冊7000円、100冊50000円と、冊数が増えれば増えるだけお得になる。買った人は売るなり配るなりすればいいという寸法。 自分たちの分を確保したら、残りはビールと一緒に売ろうかしらね。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




家のこと

車をもたずに田舎に移り住もうとしているので、まずは職場を決めないと住むとこなんて決められないのだが。給料安くてもいいから、住みたい家から通える職場を探す方が良いのか?

賃貸の選択肢の少なさから、「小屋でも立てるか」妄想が膨らみ続けている。相方の実家の横の土地(畑)って買えないのかしら……とか考え始めててヤバい。


↑こんな動画見て妄想を膨らます。この人すごいよ、土地買って小屋建ててオフグリット生活してる人なの(※途中から電気引いたみたいです)。

なんでもハンドメイドの相方も、さすがに家を建てることまでは考えてないみたいだけど。でもこの動画を相方は既に知ってたってことは、興味がないわけでもないはずで。


間取り問題

友人が相方の実家エリアに古い家を買ってリノベし始めた。めちゃくちゃ広くてめちゃくちゃ物が置いてあって、まず空にするだけで大変そう。雨漏りもしてる。彼女は今まで2軒リノベしてきてるから(もちろんプロの手も借りて)、作業の見通しはついているのだろうけど。





無印良品がリノベ事業もしているらしい。このコンセプトがすごいいいな〜と思った。「仕切らず使い方が自由に変えられる」「1室構造でも冷暖房が効きやすいようにする」「無印ならではの部品を使えば、簡単に統一感が出る」良いね、良いね。

昔の日本の家はめちゃくちゃ仕切られてたよね。賃貸でも部屋が細かく分かれていることがほとんど。これが使いにくい。大人ふたりだと個室って必要なくて、バーンと広い部屋を用途でふんわり仕切るくらいがちょうどいい。

1室バーンなんて賃貸、事業用でないと探せなさそうだな〜。そういう部屋を自力で居住用に作り替えるとか?うーん、悩みは続く。

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村