週末、妹が1歳児を連れて遊びに来た。初めての場所では必ず大泣き、「バリバリ」に近い泣き声でひとしき泣く。泣き止んだら今度は借りてきた猫のように、キョロキョロと部屋の中を観察し始める。

慣れてしまえば悪戯三昧。「やっちゃだめ」と止めると「いいこと見つけた!」とばかりのニコニコ顔が憎たらしい。 この可愛い赤子も10数年後には「くそばばあ」とか言い出すのかと思うと……。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




やついさんの三国志講義

買っただけで読まずにいたやついさんの本、貸してあげた同僚が一瞬で返してきたので「それほど読みやすいのか?」と興味が湧く。読み始めたら、本当に一瞬で読めた。

エレキコミックやついいちろうの三国志くん。
やつい いちろう
産業編集センター
2010-06-22


こちらは歴史の流れに沿ってというよりは、人物解説から三国志に親しむ体裁が取られている。主要人物の生い立ちから死までをざっくり書いていて、何人分か読むと歴史自体の流れもだいたい掴める。結局戦争の話なので、どういう風に3つの国に分かれていき、最後どうなったかくらいが分かれば私は十分。


あっちゃんの三国志講義

やついさんの本を読む前に、あっちゃんの三国志講義動画をさらっと見てみたけど、正直人物が多すぎて全然入ってこない。戦の名前とか本当に覚えられんね。やついさんの本でやっと有名な人だけ把握できた感じ(でも時々読み方がわからん)。

 

相方はあっちゃんの動画を見ただけなのに、ちゃんと人物の名前を正確に覚えている。彼女、固有名詞なんかの記名能力がなんか高いのよね。私ははなから覚える気がないので、名前関係は何事もうろ覚え人生。

三国志みたいにキャラ立ちした人物がいっぱい出てくるコンテンツって、ハマると深そうな沼だよな〜。相方とちょっと話しただけでもう面白かった。やついさん本は、ちょっとハマった人同士で一緒に読むとより楽しめそうな仕掛けがしてある。「打線組む」とやっちゃってますからね。

私と相方でやるなら、「宝塚でやるなら」の配役妄想だよね。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村