健康診断の結果が返ってきた。所見は3つ、聴力、血中コレステロール値、慢性胃炎。聴力は生まれつきで生活に問題はない。血中コレステロール値は……野菜不足ということか(圧倒的炭水化物生活)。慢性胃炎は進行している模様。

慢性胃炎の原因は8割方ピロリ菌らしい。それならさっさと除菌してしまった方が良いのでは?そういう指導してくれてもよさそうだけど、経過観察としか書かれてない。胃の病院、行くべき?



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">

 


そういうお年頃

昨日は朝から同僚と社会貢献について熱く語る。同僚氏はグローバルな視野で寄付による支援を検討中らしい。教育支援とか絶滅危惧動物支援とか。気になるのは「ちゃんと支援したいところにお金が届くのか」ということ。詐欺とかもありうるもんな~。

私が寄付支援するなら、支援対象の変化が目に見えて分かる距離感でやりたい。やはり「わかりやすい張り合い」が欲しい。そうなると地元の団体とかがいいのだろうな。


社会貢献とお金
 
たまたま読んだ本に、社会貢献のための資金集めについて書かれていた(私は単なるクラファン本だと思って借りた)。

寄付金、クラウドファンディングの集め方
しもん, 佐藤
ぱる出版
2020-08-05

  

「ファンドレイザー(社会貢献活動の資金を集める専門家)」、「フェイサー(定額寄付募集のため街頭に立つ人)」という仕事があることを初めて知る。フェイサーとか東京近郊だと見たことある人もいるのかな?地元香川は……ケチな県民性だから活動しずらそうね。


10年くらい前には「社会のために活動する」感覚がよく分からなかった。頭では良いことだってわかるのだけど、自分がそうしたいと思う日がくると思ってなかった。人のことより自分のことって感じ。

年齢を重ねるにつれ、人のために何かすること自体が、自分の幸福度をあげるのだと思うようになるものね。単純な「誰かの喜ぶ顔がみたい」が広がって、「悲しむ人がひとりでも少なくなるように」とか「なるべく住みやすい地球を後世に残したい」になっていく。私もそういうお年頃になったか~。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村