宝塚月組が3年前に上演した「グランドホテル」の権利が切れるため、今年いっぱいでDVDの販売が終了する。27年前に涼風真世氏主演で上演した際は、映像化そのものがされなかった。久世氏の男爵姿……是非見てみたかった。

 

相方の強い希望により我が家でもブルーレイ購入。キャトルレーヴではブルーレイは完売(DVDはまだある)していたため、慌ててアマゾンで購入した。権利問題、仕方ないこととは言え、リアタイできなかったファンには辛いものがある。 






style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




1993年版と2017年版

昨日「グランドホテル」「カルーセル輪舞曲」通して鑑賞。いやー、購入したかいがあったね。お披露目公演、海外ミュージカル、海外スタッフの監修などなど力の入る公演だったせいか、全体的に丁寧に仕上がっている印象。





1993年版と2017年版では主役カップルの配役が異なっている。また2017年版では3つの役で役替わりが行われた。2017年版を鑑賞しながら、脳内では見たことのない1997年版のキャストがオーバーラップする。


キャスト

オットー・クリンゲライン: 涼風真世(主演)   美弥るりか
フリーダ・フラムシェン: 麻乃佳世(主演相手役) 早乙女わかば/ 海乃美月
ラファエラ・オッタニオ: 天海祐希  暁千星/ 朝美絢
フェリックス・フォン・ガイゲルン: 久世星佳    珠城りょう(主演)
エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ: 羽根知里   愛希れいか(主演相手役)
オッテルンシュラーグ(医者): 汝鳥伶   夏美よう
ヘルマン・プライジング: 箙かおる   華形ひかる
ローナー(支配人): 葵美哉   輝月ゆうま
エリック(ボーイ): 汐風幸   朝美絢/ 暁千星
ショーファー(運転手): 嘉月絵理   宇月颯 

今回の主役である男爵、1993年版では久世氏が演じた。久世氏の男爵、良かったんだろうな〜、目に浮かぶわ〜。珠城氏は若々しさとお顔の良さを武器にしてたね。スーツ姿がたまらないわ。年増のバレリーナグルーシンスカヤ、愛希氏のいかにもバレリーナな体つき、ややガザついた発声がまさにぴったりだった。男爵と愛を確かめあったあとにひとりで歌うシーン、最高だったね。

美弥氏が憧れの涼風氏と同じ役を演じたオットー、美弥氏のキュートな部分が存分に発揮されてて目を奪われる。役代わりのフラムシュン、巧さでは海乃かなと思うけど、キュートさでは早乙女氏かな。レズビアン的女性ラファエラ、暁氏はセリフ回し頑張ってたね。美度では圧巻の朝美氏。

我らがご贔屓 輝月氏はまたもや髭の老け役 支配人。番手感に比して出番多めで嬉しい。ホテルスタッフではひとりだけジャケットが違うので(でっかい子なので)、どこにいても目立って嬉しい。もちろんの安定感とおじさん感。

エリックはふたりそれぞれに、若くやや頼りない感じがよく合ってた。暁氏は子供持つには若すぎる感もあったが、そういうやっちゃうタイプかもと思わせる。おねえ言葉の運転手、宇月氏の黒く妖しい感じとよく合ってる。ドスが痺れるわ〜。


出来の良さ

繰り返しになるが、この作品はこの後の月組作品と比べても非常に出来の良い印象がある。セリフ回しが苦手な人も、普段より格段に聞き取りやすくしゃべっている。歌が頼りない人も、いつもより声の伸びが良い印象。丁寧に稽古されたんだろうな。

この後の「カルーセル輪舞曲」も、宝塚の正統派なショーの仕上がりで、初めて宝塚を見るならおすすめな公演だと思う。もうDVD販売終了するけど。CSでも放送されなくなるらしいけど。もったいない。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村