久々ミニマリスト動画を鑑賞、「選ぶ基準」の話をしていた。その人は選択肢を減らすために「買う店を限定」しているらしい。あまりこだわりのないもの(消耗品など)は、商品を決めてない代わりに決まった店で買うようにしているとか。

あと「理想像を常に頭の中に描く」こと。理想とする人を想定するのでもいいらしい。その人が選びそうにないものには手を出さないとか、自分がどうなりたいかを考えて買い物する。なんか聞くと当たり前っぽい話だけど、意外とできてないかもな〜って思った。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




今年買ってみて良かったもの③「キャビネットバッグ」

昨日に引き続いて今年買ってみて良かったもの、今日は相方関係のものをご紹介。ADHD傾向の相方の仕事用バッグとしてたどり着いたのが「キャビネットバッグ」。

 

本来は社内で書類やPCを入れて移動させるためのものだが、相方は仕事関係のものを入れて外出用に使っている。ポイントは「自立する」「常に口が開いている」「ざっくりと仕切れる」である。

世間で売られている発達障害者向けバッグって、やたら細かく仕切られているが、あれは相方には向かない。細かく仕切られすぎてるとどこに入れたかわからなくなるし、 入れる場所を一定にするということができない。なので、こちらの商品のように「大きく2部屋、あとポケットがちょっと」くらいで丁度良い。

 

今年買ってみて良かったもの④「折りたたみチェア」

次は小商いイベント出店道具として買った「折りたたみチェア」。耐荷重が大きくて踏み台にもなるし、キャンプなんかにもいいかもね。



それまで使っていたものより「コンパクト」「軽い」「壊れにくい」でとても満足している。組み立ても一瞬だし、見た目も可愛い。これなら他の道具と一緒にキャンプ用バッグに入るから、運ぶ手間も省ける。

これは他のイベント出店者さんが使ってたのをみて真似をした。他に耐荷重がめちゃある折りたたみテーブルなんかも、鉄板焼き系フードブースの方に教わって購入した。イベントブースというのは、準備&撤収の簡便さ、強度なんかを考えてそれぞれ手作りしている。出店時には他のブースを見て、真似できそうなことはないか勉強させてもらっている。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村