洗濯日和

相方のビール醸造&ビールスタンド、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、エレ片など。ラジオトークでラジオも始めました。

カテゴリ:宝塚

同僚N氏に貸したDVDが戻ってきた。貸していたのは相方所有の宝塚DVD、98年宙組版「エリザベート」である。『エリザベート』('98年宙組) [DVD] [DVD]宝塚歌劇団宝塚クリエイティブアーツ2002-09-21奇しくも、私が初めて見た宝塚(当時はVHS)も「エリザベート」だった。ただし ...

今年も今日で終わり、ヅカ沼、特に現役月組沼が広がった1年だったな〜。ご贔屓の月組OG久世星佳氏も、一昨日半年ぶりのブログ更新で1年を締めくくっていた。「12月29日の日記 | 風のふくまま… | 久世星佳公式HP」 ↑公演中の芝居のことを書かない辺り、久世氏らしいそっけ ...

この週末は掃除や必要な買い物以外はほぼ家にいて、ひたすらのんびり過ごした。土曜日の「タカラヅカスペシャル」LVに行くか直前まで悩んだが、当日朝の時点で残ってたのは前方席だけだったので(当たり前だけど)断念。その代わりにと、宝塚の配信動画を2本も見てしまった。 ...

先日のライターお茶会、「今日はよろしくお願いします」と挨拶したら、開口一番「久世星佳さんが好きなんですよね」とおっしゃる小池氏。参加者について事前にブログ等から情報収集してくださってたらしく、とっかかりがそれだったのでちょっと赤面(テレテレ)。小池氏も宝 ...

私のご贔屓久世星佳氏、私が彼女を追いかけ始めてから、大抵年の瀬前後に舞台の仕事が入る。今年も現在「喜劇 有頂天団地」の東京公演中、私は1月の京都南座公演を見に行く予定。12月は私の誕生月、誕生日前後に久世氏の舞台があると、勝手に「私への誕生日プレゼントだ〜」 ...

「見たいよ〜、見たいよ〜」とふたりで言い続けてた宝塚月組の「エリザベート」、東京千秋楽のライブビューイングで見ることができた。この公演で、トップ娘役と組長という組の要が2人も退団。そんな瞬間を見ることができたのも感慨深い。会場となった映画館ではプログラム他 ...

夏に出版された「銀橋(中山可穂)」を、やっと読んだ。銀橋 [単行本]中山 可穂KADOKAWA2018-09-21 これは「男役」「娘役」に続く、「宝塚シリーズ」の3作目にして最終作(とあとがきにある)。宝塚という花園の、酸いも甘いも知り抜いた生き字引のような専科のアモーレさん ...

最近めっきり宝塚ネタを書いてないが、ヅカ成分摂取は日々怠っていないのでご安心を(何を?)。昨夜は「生放送で動く久世氏」を鑑賞したぜ〜〜〜〜!マギーのシスチャン情報局番外編~マギー演出「喜劇 有頂天団地」出演者大集合↑見逃した方も、「タイムシフト視聴」でき ...

昨日よりいよいよ、職場の修羅場本番が始まった。同僚O氏が入院して、その仕事を私ともうひとりでカバーしなければならないのだ。慣れない作業、解析できないアクセス、謎の新システム。入院1日目のO氏にLINEで質問しながら、匍匐前進のごとくじりじりと前に進む。そんなだか ...

ここ数日、同じ動画ばかり何度も見ている。そう、宝塚月組「エリザベート」である。↑初日映像(ロング版)ね。人気演目だし、愛希れいか氏の退団公演だし、プラチナチケット必至だろうな〜と思っていたら、全組鑑賞派の友人は「いろいろ手を尽くしたけど、チケットない!」 ...

↑このページのトップヘ