洗濯日和

相方の小商い活動、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、相方の自家製食品、ビール日記など。今熱いのは「相方のパン屋開業」です!

カテゴリ:読書

最近本が読めていない。大切なリセット、リラックス、メンテナンスの時間なのに!図書館通いもしばらく休止中。これはいかん。本を読んでると、それが全然関係のない本でも小商いその他に役立つこともあるし、ちゃんと本を、それもフィクションを読みたい! style="displ ...

サブカル女子Yちゃんと坂口恭平氏のライブに行った帰り、駅まで歩きながらいろいろ話した。私はアラフォー女、Yちゃんは若く見えるが意外と三十路女。話すことは結局「仕事、辞めたいよね〜」な話。Yちゃんは坂口氏の著作を何冊か持っていて、後日その一冊を貸してくれた。Y ...

読書は私の大切な日課であり、本を読まない人とはなるべくお付き合いしたくないとまで思っている。最近はタブレット端末や携帯でも本を読めるようになったが、私はまだまだ「紙の本」が好き。「紙の本」は一度購入してしまうと、なかなか処分されずに家の中に居座りがち。本 ...

先日の断捨離、きっかけは「ナリワイ氏の著作を購入したい。ついては置く場所を確保したい。」だった。今までは図書館で借りて読んでたが、「座右の書として手元に置くべき!」と思ったのだ。書籍の数も「メタルラック1段に収まるだけ」と決めているので、新たに入れるために ...

最近「全国の子供達に配りたい!」と思う本に出会った。その本の感想を書こうかと思ったけど、私ごときの言葉で説明するのもおこがましい。というわけで、他にも「大人に変なバイアスをかけられる前の子供達にこそ読んでほしいな〜」と思った本2冊と合わせて、簡単なレビュー ...

以前は、遠方だけど新着図書借り放題な相方の地元図書館を利用していたが、最近は移動時間がもったいないので最寄りの規模の大きな図書館を利用している。今利用している図書館では、まず新着図書の棚をチェックした後、「ヤングジェネレーションコーナー」を見て回るのが私 ...

漫画家として有名な歌川たいじ氏、小説作品も発表している。発売当時に気にはなりつつまだ読めていなかった「やせる石鹸」をやっと手に取った。この作品、ぜひいろんな人に読んでほしい。歌川氏の作品はどれもそう思うが、この作品は特にその思いが強い。自分を愛するために ...

昨日本を読んでて、久しぶりに非常にワクワクした!こんな高揚感、(酒を飲んでる時以外)ここしばらくなかったくらい。その感動が新たなうちに、まだ読了してないのに記事にしてみる。読んでたのは「〜農村×都会=ナリワイ〜 日本のクリエイティブ・クラス」という本。中 ...

図書館の新刊コーナーで宝塚本を見つけたので手に取った。タイトルは「宝塚歌劇 柚希礼音論 〜レオンと9人のトップスターたち〜(松島奈巳)」。柚希礼音氏についてはほとんど何も知らなかったが、他に歴代のOGについて書かれているようだったので借りてみた。ああ、こうやっ ...

↑このページのトップヘ