洗濯日和

相方のビール醸造、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、エレ片など。ラジオトークでラジオも始めました。

カテゴリ: 日々

マクドナルドのバイトの面接を受ける夢を見た。面接官は広域を担当しているというエリアマネージャー。会社がリモート面接を認めてくれないから、毎日長距離移動してるらしい。途中からなんか気が散ってボーッとしてしまう。あとつなぎのバイトより人事の仕事に興味が湧く。 ...

「グランドホテル」鑑賞の余韻覚めやらぬ毎日、脳内にはあの素晴らしい楽曲が流れ出して止まらない。「これは音源も欲しいぞ」と思ったら、発売されてないのな。あー、もったいない!人類の損失! 3年前の演目なので、既に退団した人もたくさんいてしみじみする。人が来ては ...

「あちこちオードリー」での壇蜜氏の「キャリア系女子に思いっきり叱られたい」発言、L界隈の男子入ってる系女子そのものだった。「どこに出しても恥ずかしい女」というコンセプトにも知性を感じる。壇蜜氏、面白いな。 この番組から興味を持つようになった人が何人かいる。 ...

「豆板醤は思ったより辛い」と肝に銘じよ。鍋いっぱいの中華スープに小さいスプーン半分くらい、ちょっと足りないかな?と思ったらやっぱり入れ過ぎだった。刻んだ生姜を「こめ油」「オリーブオイル」「ごま油」に入れて保存を試みる。しばらく置いて使おうと思ったら、こめ ...

同僚が「ピンクの軽自動車に乗ってた時は、滅茶苦茶煽られたり入れてもらえなかったした」と言ってた。「人は見た目が9割」だけど、車でもそうらしい。悲しいかな、まだまだ弱者は踏みつけられて当然の社会のようだ。ヒエラルキーの頂点にいるであろう中年男性は、一度ピンク ...

昼休みは自分の席でサクッとお昼を食べたら読書の時間。続きが気になる本が傍にある幸せ。読みたい本がある限り人生は続く。昨日も本を読んでたら、あまり話さない同僚から話しかけられた。「いつも本読んでますが、図書館なんかでどうやって選んでますか?」 読書好きにと ...

自分のことが一番わからないし、自分のことを一番知りたい。一生「自分の操縦法」を探し続ける、それが人生なのか。世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド八木 仁平KADOKAWA2020-05-28この動画を二人で見て、相方と「人に ...

「監察医朝顔」第2シーズンが始まった。このドラマ、いいなって思う。普通の人の普通の生活がたくさん描かれる。警察と監察医が出てくる事件捜査のドラマだけど、主題は朝顔家族の人生だ。 こういう映画みたいなドラマを制作してくれると、まだまだテレビも捨てたもんじゃな ...

やついさん出演ドラマが始まった。やついさんの他にも好きな役者さんが出ていて楽しみにしていた。小池栄子氏、林遣都氏、宝塚OGから紺野まひる氏などなど。  やついさんはお弁当屋さんの役、一緒に働く和久井映見氏に恋してるみたい〜。やついさんが演じる恋する男、 かわ ...

同僚が受けた面接、なかなかの圧迫面接だったらしい。合否云々より「とにかく(面接を)思い出したくない」と言っていた。この分では、受かっても他の選択肢を考えちゃうかもね。別の同僚(若め男子)とその話をしてたら、「それは面接官側に話を引き出す能力がないですね」 ...

↑このページのトップヘ