洗濯日和

相方の小商い活動、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、相方の自家製食品、ビール日記など。今熱いのは「相方のパン屋開業」です!

カテゴリ:日々

子供の頃に「作文」が嫌いだった人って多いよね?テストでも文章で答える問題が苦手とか。私はそうじゃない子供だった。小論文で大学受験したし、小論文添削バイトもやってたくらいだから、文章を書くことが苦手ではない。まぁ……散文的で芸術性は皆無だけどな。文章が苦手 ...

誰かのアドバイスを受けることは、判断を委ねることとは違う。あくまで自分のポリシーをしっかり持って、そのうえで周囲の意見を採用したりしなかったりするのが肝要。私は何かを決めるとき、できるだけ多くの材料(情報)を集めたうえで判断したいと思っている。最終的には ...

テクノロジーは世界を狭くした。ネットを介せば、遠方の友人とも距離を感じないコミュニケーションができる。遠距離恋愛だって、以前より低コストでできるようになった。グローバリズム。物流が発達し、日本中どころか地球の裏側からも物や人がやってくる。それで生活は便利 ...

ここ数年、年に一度は同じ占い師に観てもらうくらい占い好きな私。占いに怪しいイメージを持っている人もいるだろうけど、統計学に基づいたものも多いし、上手に利用すればいいと思ってる。占い好きの人って、多分自分好きなんだろうな。占ってもらっている間は「自分の人生 ...

印刷の現場でよく使われているソフトと言えばアドビ社「イラストレーター(イラレ)」「フォトショップ(フォトショ)」である。最近は一般の人でも自宅のPCにインストールして、デザインやイラストレーション、画像加工を楽しんでいるようだ。 Adobe Illustrator CC 2017 ...

私の職場は「印刷会社」であり、この業界によくある「年末進行」の波がそろそろやってくる。夏の終わりにまず始まるのは「クリスマス」や「お正月」用の仕事。今年は私自身は担当を持ってないが、担当者以外も当然忙しくなる。忙しい時期は、波がありつつも約2ヶ月間、冬の初 ...

誰でもそうだろうけど、私は「想定外の事態」がとても苦手だ。飽きっぽいのにルーティンワークが嫌いじゃないのは、想定外のことへの精神的耐性がとても低いから。安定は安心。そういう時、相方は私なんかと違って至って落ち着いている。「困ってる」という感じすらあまりな ...

前に東京在住の人と話してて、「地方だと、家のすぐ近くに田んぼがあったりするんでしょ!?うける〜!」なんて発言を聞いたことがある。私は逆に「は!? 田んぼや畑のまったくないところでしか生活したことないの!?驚愕!!」と思った。ネットや流通の発達で、都会と田舎の文化レ ...

アラフォー世代の私、子供の頃の日曜夜は、7時から「あだち充」アニメ(のちに「キテレツ大百科」)、7時半から「世界名作劇場」で締めくくるのが決まりだった。「世界名作劇場」の中に「愛少女ポリアンナ物語」という作品がある。主人公であるポリアンナは、辛い境遇の中で ...

相方と一緒に暮らし始めて7年が経過した。家の中のことは、得意分野を活かしてはっきり役割分担することで、互いに快適な毎日を過ごしている(はず)。役割分担してはいても、同じ「快適な生活の維持」という目的のための活動なわけで、そういう意味では「共同作業」してると ...

↑このページのトップヘ