洗濯日和

相方の小商い活動、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、相方の自家製食品、ビール日記など。今熱いのは「相方のパン屋開業」です!

カテゴリ:洋服

日頃から、自分より若い世代は新しいことを教えてくれる先生だと思ってる。「最近の若者は」なんて言い出すともう、「老害」の始まりだぞ!それでもたまに「老婆心ながらご忠告申し上げたい」なんてこともないではない。年齢を重ねたからこそわかることもある。「経験者は語 ...

洋服の基本を教えてくれた本「着るということ(水野正)」には、「色は黒、茶、濃青、グレー、ベージュの5色が基本」とある。着るということ [単行本]水野 正夫藍書房1996-09 この教えを正しく守っているからというわけでもないけど、服を買うお店を「CLOAK」だけに決めた ...

眼鏡など顔まわりの装飾品選びに苦労する私、哀しいくらい「帽子」も似合わない。相方はどんな眼鏡も、どんな帽子も不思議なくらい似合うのにな〜。それはなぜなのか?顔が事務員系オバサンだから?髪がストレートすぎるから?相方曰く「被り方が変」というのもあるのだが… ...

10月に髪を切って5ヶ月、驚異的な持ちの良さではあったが、いい加減もういいだろと髪を切りに行った。オーダーは前と同じ「前下がりボブ」、今回で完全なワンレングスになったようだ。切ってもらった髪を鏡で見て、ふと「これは……「闇のパープルアイ」に出てくる曽根原薫子 ...

寝るときだけの使用だが、私たちは「ふんどし愛好者」である。ふんどしは鼠蹊部を圧迫せず、血行を妨げることがない。ゴムの締め付けの不快感もないし、冷えやすい人にはおすすめの下着である。ふんどしを導入しようと思った2年前、いろいろ探してみたけどなかなか思うような ...

先日お葉書をいただいたお洋服のお店「CLOAK」のブログに、カーディガンの記事がアップされた。「きっとこれが良さそうなカーディガンね〜」と、売れてしまう前にお店へと急ぐ。ブログの写真を見て「良さそう!」とは思ったが、細かいデザインやサイズ感までは分からない。試 ...

相方の小商い用にと、以前からシンプルなエプロン、前掛けを探していた。出来れば無地、可愛らしさ皆無な無骨なデザインのものが良い。手頃な価格で探すと、だいたい「可愛らしい若奥さん風」なんだよな……。パン製造時は無印良品の割烹着を使用している。なかなか良いもの ...

「今年の夏はもう服は買わなくていい」と思っていたのに。私が「もうここでしか服は買わない」と決めたお気に入りのお店「CLOAK」が、またまた私を誘惑してくるの〜。ほぼ毎日更新されるお店の商品紹介ブログ、そこに掲載されたものは、「いいな」と思ったらすぐに買いに行か ...

先日岡山に行った際、倉敷の三井アウトレットパークにも寄った。目的はクラフトビールのイベント出店。↑クラフトビールは「吉備土手下麦酒」「awa新町川ブルワリー」「三石耐火煉瓦」が出店。↑ドライバーの相方を差し置いて……。ビールのついでにアウトレットのお店も冷や ...

この度、喪服が必要になった。葬式や通夜ではなく、「お別れ会」の手伝いをすることに。ただの参会者だと地味めの平服で良かったところ、係員は「フォーマル」の指定が出た。私はいわゆる喪服を持っていない。今までそういう場にはブラックスーツを着て行ってたが、今回はそ ...

↑このページのトップヘ