洗濯日和

相方の小商い活動、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、相方の自家製食品、ビール日記など。今熱いのは「相方のパン屋開業」です!

カテゴリ:思い出

冬の始まり、相次いで人生の先輩たちの訃報に接する。どちらの方も親しくしていたわけではないが、遠くから(近くから)勝手に尊敬していた。人の死に接する時は、自分の人生を見つめる時。人生の終わりがやってきた時、自分がどんなことを思うのか。ちゃんと「人生の楽園」 ...

先日、高校時代の部活の文集を捨てた。今手元に残って入るのは高校2年のクラス文集のみ。出来が良いのでなんとなく残してある。これもいつか処分するのかな?断捨離の猛者は卒業アルバムまでも捨てるらしい。私はまだそこまで行ってないけど。文集って後から読むと、当時の自 ...

昨日久しぶりに、お昼休みを休憩室で同僚と共に過ごした。「たまには皆と雑談したら楽しいかな?」と思ったけど、やっぱり「大人数での雑談は楽しくない」という思いを強くするだけだった。「人の意見を尊重できないのね」とか、「ただ愚痴を言いたいだけなの?」とか思って ...

学生時代と就職したての時期、まさに青春時代を過ごしたのが「広島」である。地元香川より大きめの地方都市、でもそこまで都会過ぎないところが私にはちょうど良かった。今でも「また広島に住んでもいいな」と思うくらい、気に入ってる土地だ。そんな広島、今は地元球団広島 ...

最近は夏休みが短くなってて、2学期が8月の終わりから始まったりするらしい。私の住む街でも夏休みは終わったらしく、通勤時に小学生を見かけるようになった。夏休みと言えば、持て余す程長い時間と終わらないんじゃないかと思う量の宿題。私はお盆を過ぎた辺りから焦り出す ...

粘着激情系のK氏も引っ越しの時を迎え、これで晴れて相方と堂々と会える日々が来る!そう意気込んでいた私だったが、今度は相方とのペースが合わない。それまでの消耗する日々とは悩みの方向が全然違うけど、一緒に住むまでは結構大変だったな〜。↓今までの記事。「女と暮ら ...

相方との密会?現場にK氏が乱入した後、私たちの運命はどう動いたのか!?「運命?そんなの自分で動かすんだよ〜ん」と、やっぱりガンガン我が道を突き進み、やっと厄を抜けた(としか思えない)私であった。でも年齢的には相方と付き合い始めた辺りが厄年なんだよね〜。飲酒運 ...

このシリーズもなかなか長編になってしまったが、もう少しで完結なのでお付き合い願えるとありがたい。今回は満を持して、いよいよ相方が登場する。平和を愛する相方、私と出会うことで波乱の人生の幕開け〜かな?いやいや、最近は極々平和な毎日だね。↓今までの記事。「女 ...

K氏と失踪騒ぎを起こした私、しかしその後もK氏と別れることなく5年に渡る付き合いを続けることとなる。実家との関係、C氏のこと、K氏自身の性格など、いろいろ消耗する修業期間な5年間。私の人生の中で最もハードだった時期の話〜。↓今までの記事。「女と暮らしてる女の恋 ...

H氏から振られ、C氏に甘える日々を送っていた私、少しは元気を取り戻して職場以外にも世界を広げたりもしていた。そしたら元気余って?、新しい出会いなぞ求めたりして……。そんな私の軽はずみな行動は、周囲に多大な迷惑を掛ける事態を引き起こし、またその後5年間の私の人 ...

↑このページのトップヘ