洗濯日和

相方の小商い活動、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、相方の自家製食品、ビール日記など。今熱いのは「相方のパン屋開業」です!

タグ:思い出

中学生、高校生時代は、がっつりユーミンファンだった私、ユーミンの歌の世界に「大人」を感じていたあの頃。ユーミンのラジオ「サウンドアドベンチャー」も聞いてたけど、こちらはリスナーからの手紙が「ドロドロ不倫の話」とかだったりして、若い私には理解不能だったけど ...

先日、相方のビールスタンドで「たこ焼き焼き放題、食べ放題 」のイベントを行った。このイベント、実はある企画のパクリである。一昨年末に岡山に行った際に偶然参加することになった「サロン・ド・たこ焼き」という企画を真似したのだ。本家に承諾は取ってないけど、多分許 ...

時々用事があって実家に行くが、行く前はいつもちょっとだけ億劫な気分になる。両親とも思ったことをすぐ口に出す、そしてすぐ語気が強くなるタイプ(私もしっかり受け継ぐ)。年を取って愚痴っぽさも増してるし、長話になったらしんどいな〜なんて。相方は私ほど、自分の実 ...

この季節、最も恐ろしいものと言えば「インフルエンザウィルス」である。今年も職場界隈で猛威をふるいはじめ、同僚の家族も含めると既に3人がその犠牲となった。私も数年前に、人生で初めてインフルエンザに罹患した。仕事が忙しいとサボり根性から「ちょっとくらい寝込んで ...

訃報が飛び込んできた。冬は他の季節に比べて、そういうことが多い気がする。祖父も祖母も冬に逝った。今回亡くなったのは同年代の知人、ちょっと、いやかなりキツい。訃報に接するたびに、「私はどう振る舞うべきだろう」と思う。近しい人でない場合、生活に影響もないし思 ...

温暖なうどん県でも雪が降る寒波の中、今週末は全国でセンター試験が行われるようだ。雪で交通機関に影響が出たりしないといいが。というか、毎年この時期って天候が荒れるような。そうでなくても、この時期は体調管理が難しい。勉強以外のことで、試験に影響がでないことを ...

冬の始まり、相次いで人生の先輩たちの訃報に接する。どちらの方も親しくしていたわけではないが、遠くから(近くから)勝手に尊敬していた。人の死に接する時は、自分の人生を見つめる時。人生の終わりがやってきた時、自分がどんなことを思うのか。ちゃんと「人生の楽園」 ...

先日、高校時代の部活の文集を捨てた。今手元に残って入るのは高校2年のクラス文集のみ。出来が良いのでなんとなく残してある。これもいつか処分するのかな?断捨離の猛者は卒業アルバムまでも捨てるらしい。私はまだそこまで行ってないけど。文集って後から読むと、当時の自 ...

広島時代の友人O氏から「Hさん(O氏の奥様)がパン作りを教えてあげるのでおいでと言ってる」との話をいただく。H氏はパン教室を開いていて、前に伺った時には立派なオーブンに「ひょえ〜」となった。この度の相方の「パン屋開業」のために、通常の教室の日程に合わなくても ...

相方がアルバイトを始めてから、平日の夜は毎日寝るまで1人で過ごしている。夕飯を一緒に食べて相方がバイトに出かけたら、私は家事を片付けブログを書き、テレビを見たりネットしたりしてたら寝る時間になる。相方が東京修行に行ってた時にも思ったが、 ひとりで過ごしてい ...

↑このページのトップヘ