洗濯日和

相方の小商い活動、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、相方の自家製食品、ビール日記など。

タグ:断捨離

数年前の「捨て神様」降臨で大量の服を処分した後、無駄な服を見極めるために持っている服を全部書き出してみた。これがなかなか役に立っている。「死蔵品」ができるのは、「自分の所有物を把握していない」からである。ノートに書きだして時々チェックすれば、「クローゼッ ...

普段かなーりカジュアルな服装な私だが、6月に仕事でちょいフォーマルな装いをする必要ができた。スーツじゃなくてもいいらしいが、そうなるともう何を着て良いかわからない。面倒だな〜。結局スーツを着るつもりだが、ジャケットイン用の適当な服がない。というわけで、いつ ...

最近あんまり「断捨離」「シンプルライフ」的な記事を書いていない。一旦所有物を絞ってしまうと減らすものも新たには出てこないし、ライフハック的な新しい試みも特にしてないので。それでも処分対象予備軍は少ないけどまだあって、思い立った時に1つずつさよならしている。 ...

10年以上前に買ったズボン(って若い人は言わないらしいね)がもうヨレヨレなので、それを処分する代わりに、新しいジーンズを購入した。先日「CLOAK」でネイビーブルーのセーターを買ったら、持ってるのがブルージーンズばかりで色が合わない。というわけで、今回はブラウン ...

相方が東京滞在中、数秘術とタロットカードを使った占い(鑑定って言うらしい)を受けたそうだ。2人とも意外と?占い好きなところが、ちょっと普通の女子っぽいね。数秘術で言うと、相方と私は同じ「運命数11」になるらしい。この運命数の人は変化に富んだ人生を歩むらしい。 ...

相方不在で暇を持て余している期間に「さらなる断捨離を」と思っているが、なかなか思うように進まない。断捨離を阻む1番の心理的障壁は「まだ使えるのに、捨てるのはもったいない」である。しかし使えるものを使わずに死蔵している方が、保管している空間その他がもったいな ...

久々のシンプルライフ系記事、特に断捨離した物があるわけでもないが思いついたので書いてみる。私の中でシンプルライフや断捨離は、ブームではなく常に心に留めておきたい生活の知恵。最近いろんなノンフィクションお勉強系の本を読んでいると、シンプルライフ系の本じゃな ...

断捨離やシンプルライフの本をいくつか読んできたけど、なんとなく第一人者であるやましたひでこ氏の著作は避けていた。う~ん、世の主流には抗いたい天邪鬼?でも断捨離って言葉を使っている時点で、やました氏の提唱した概念に乗っかってることになるんだけどね。 st ...

久々、意識的に断捨離的なことをした。処分するものがたまっていたし、相方が「断捨離したい」と言い出したから。冬で活動も低下し、何となく停滞感を感じていたようだ。分かる。そういう時は掃除なり断捨離なりでデトックスしたい。掃除は…寒いからあんまりやる気出んね。 ...

断捨離時にたくさんのものを捨てた。せっかく買ったものを捨てるのは哀しいことだ。結構なお金をかけたものもある。しかし、使わないものをいつまでも置いてあっても、それは「ゴミ」でしかない。捨てる行為を通して「簡単にものを捨てなくていいように買い物しよう」と学ん ...

↑このページのトップヘ