洗濯日和

相方のビール醸造&ビールスタンド、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、エレ片など。ラジオトークでラジオも始めました。

タグ:本

久しぶりに伊坂幸太郎作品を読む。フーガはユーガ [単行本]伊坂 幸太郎実業之日本社2018-11-08題名がメルヘンチックなので油断していたら、悲しくて辛くて許せないことばかり起こる話だった。夜中に眠い目をこすりながら読み終えたのだけど、あまりにも悲しくて、珍しく相方 ...

今の職場に入ってしばらくは、昼休みの雑談にものすごいエネルギーを使っていた。できれば自分も会話に参加したいとの思いが強く、出しゃばり、はしゃぎすぎて後悔……を繰り返す。数年後には、長時間、大人数で内容のない雑談をするのが苦痛になり、昼休みはひとりで過ごす ...

台風一過。一昨日の夜は風もそれなりに強くて花火大会も中止になったのに、昨日起きたら無風&晴天、嵐の前の静けさ。昼過ぎからやっと?降り出した雨、荒天なら早めに帰りたいところだけど、そうなる前に終業となる。明けて荒天本番が予想される本日、果たして出勤できるの ...

「エレマガ 。」の最新号(254号)の「やついコラム・続・それこそ青春というやつなのだろうな#3」のエピソードに唸る。ラーメンズのふたりとやつい氏の3人でフリマに行った時の話、特に欲しいものが見つけられずに速攻で退屈してたやつい氏と片桐氏を尻目に、いくつか掘り ...

冷蔵庫の冷凍室が開いてた事件から、自動製氷されなくなっていた。メーカーHPなどで対処法を調べてやってみるも直る気配がない。夏場に氷がまったくないのって、何気に困る。「こういう時は再起動よね」と当てずっぽうで電源プラグを抜き差ししてみると、数日後から製氷され ...

エレキコミックのやつい氏が書いたエッセイ小説を買いに行く。「新刊コーナーに平積みされてるかしら?」と思ったけど、全然積まれてない。探し回ってやっと見つけたのは、「タレント本コーナー」の棚にささっていた1冊だけだった。「田舎だし、あんまり注目されてないのかな ...

時々、地元の港で自衛艦の一般公開が行われる。同僚N氏は何度も見学したことがあるらしく、今月行われる一般公開にも行くらしい。「今回は予約できないから、早く行って並ばないと!」と興奮気味。ああいうものに興味を持ったことがなかったので、N氏の興奮ぶりと興味範囲の ...

荷物が重くて手がちぎれそうになる。料金はやや高いけど、徒歩移動距離がより短いバスで帰宅。荷物が多いとき、車社会な田舎では車で運べばいいけど、公共交通移動が主な都会の人はどうしているのだろう?今日の運転手さんは「丁寧アナウンスタイプ」だった。渋滞する箇所で ...

大学で地元を離れてから、10年くらい一人暮らしをした。就職したての頃住んでたのは、広島市内の繁華街と郊外の境目くらいの場所にある国道沿いのマンション。夜遅くなっても車の走る音がしていて、その音や人の気配が独り身の寂しさを紛らわせてくれた。ツイッターで流れて ...

チェ・ゲバラの小説、なんとか2冊目読了。このシリーズ、3冊目の主人公はカストロらしいが、どこかでふたりの人生が交錯する瞬間が描かれるのだろうか。今のところのゲバラの印象は「生命力の強そうな人」というくらい。海堂尊氏は人物描写があっさりめなので、人物像を掴む ...

↑このページのトップヘ