洗濯日和

相方のビール醸造&ビールスタンド、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、エレ片など。ラジオトークでラジオも始めました。

タグ:本

久しぶりの田口ランディ作品は、オウム真理教がテーマだった。逆さに吊るされた男 [単行本]田口ランディ河出書房新社2017-11-11オウム真理教関連の書籍では、森達也氏の著作を何作か読んだ。AシリーズはA3まで、A4が出ていたことは知らなかった。A3 上 (集英社文庫) [文庫]森 ...

私と同じく読書の趣味を持つ同僚N氏と、「最近読んだ本」について話した時のこと。「宝塚の「エリザベート」という作品を見てから、西洋史関連の作品ばかり読んでいる」というと、「私も西洋史好き!」とおっしゃる。N氏は藤本ひとみ氏を知らなかったので、「西洋史を題材に ...

ヨーロッパの多くの国では、人々の生活に欠くことのできないものとして、病院、学校に並び劇場が設置される。劇場付きの劇団やバレエ団があるのも普通のこと。では日本ではどうなのか。日本では行政主導の芸術文化振興は、どうも上手くいかないようだ。行政の代わりに舞台芸 ...

年に一度の長い連休、今年は本当に何もしてない〜。休み前はいくつかやろうと思ってたことがあったのに、「とりあえずのんびりしよう」とダラダラしはじめたらもうダメね。相方は「正月休みなんてそんなもんでしょ」というけど、私はどんどん自己肯定感が低下しているよ。と ...

あけましておめでとうございます。我が家ではこの年末年始も平常運転で過ごしております。紅白も見てないし、年越しそばも食べてない。餅もそばももらったけど、毎日のご飯として美味しくいただきます。年越しの瞬間、私は夢の中、相方は店で片付けの最中。深夜というか明け ...

伊坂幸太郎作品を立て続けに読んだ。サブマリン [単行本]伊坂 幸太郎講談社2016-03-30↑「チルドレン」の続編。チルドレン (講談社文庫) [文庫]伊坂 幸太郎講談社2007-05-15ホワイトラビット [単行本]伊坂 幸太郎新潮社2017-09-22 ↑書き下ろしだが、あの「黒澤」が登場する ...

久しぶりに寝る間も惜しんで読書した。目が疲れるし頭痛もするし……やはり無理はいけない。ブルボンの封印 [単行本]藤本 ひとみ新潮社1992-12宝塚でも上演された作品なので、相方がかなり前に読了したとか。昨夜読み終わった私は、開口一番「酷くない、これって酷くない?」 ...

宝塚月組「エリザベート」LV観劇から、私の「エリザ熱」は未だ冷めぬ、である。職場であらゆるエリザ動画の音声をBGMとして聴いたり、Wikipediaでエリザベートや周辺の人々の記事を読んだり。先日久しぶりに藤本ひとみ氏作品を読んだ流れで、彼女が書いたエリザベートについ ...

約30年前、少女漫画の次の世界として「少女小説」なるものを読み始めた小学生の私。「コバルト文庫」「ティーンズハート」が、私の世界の一部となっていた時代。当時一番好きだったのが、藤本ひとみ氏の「漫画家マリナシリーズ」だった。売れない漫画家マリナが、出自麗しい ...

先日読了した「銀橋」に引き続いて、中山可穂氏の作品を読む。以前にも読んでいた作品だが、小池みき氏のタンゴ熱に誘われて再び手に取った。ゼロ・アワー [単行本]中山可穂朝日新聞出版2017-02-07中山作品には珍しく、レズビアン女性とか女性同士の恋愛が出てこない。アルゼ ...

↑このページのトップヘ