洗濯日和

相方の小商い活動、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、相方の自家製食品、ビール日記など。今熱いのは「相方のパン屋開業」です!

タグ:相方

子供の頃に「作文」が嫌いだった人って多いよね?テストでも文章で答える問題が苦手とか。私はそうじゃない子供だった。小論文で大学受験したし、小論文添削バイトもやってたくらいだから、文章を書くことが苦手ではない。まぁ……散文的で芸術性は皆無だけどな。文章が苦手 ...

誰かのアドバイスを受けることは、判断を委ねることとは違う。あくまで自分のポリシーをしっかり持って、そのうえで周囲の意見を採用したりしなかったりするのが肝要。私は何かを決めるとき、できるだけ多くの材料(情報)を集めたうえで判断したいと思っている。最終的には ...

相方は小商いとして、「パン製造」「ビール醸造」をやろうとしている。「製造場所」の算段は進みつつあるが、「販売経路」の算段はまだまだだった。昨日あるプロジェクトの作戦会議があって、チームで店舗を運営することになった。そのお店で「パン」も「ビール」も売ること ...

相方が「ビール(発泡酒)醸造」を志したことから話が転がって、この度ふたりで会社を作ることになった。昨日相方が、司法書士との初めての打ち合わせに行ってきた。事前に「実印を用意してください」と言われたので、実印を持ってなかった相方は急いで判子屋さんで判子を作 ...

誰でもそうだろうけど、私は「想定外の事態」がとても苦手だ。飽きっぽいのにルーティンワークが嫌いじゃないのは、想定外のことへの精神的耐性がとても低いから。安定は安心。そういう時、相方は私なんかと違って至って落ち着いている。「困ってる」という感じすらあまりな ...

昨晩は、先日のイベントでお世話になったお店Mへ。パンを入れていた容器を受け取りに行くのと、店主のN氏にあることを相談するために。お店に入ってN氏の手が空いても、相方はなかなか話を切り出そうとしない。モジモジしても可愛くないから!さっさと要件を切り出すんだ!… ...

サンポート高松で開催中の「真夏の夜の夢」というイベントで、相方のパンがプチデビューを果たした。相方は早朝からパン製造、夕方から出店準備、営業中は売り子のお手伝い。私はただの客としてイベントに行くと共に、知人の来店時にお話する係。来てくれた人、ありがと〜。 ...

相方と一緒に暮らし始めて7年が経過した。家の中のことは、得意分野を活かしてはっきり役割分担することで、互いに快適な毎日を過ごしている(はず)。役割分担してはいても、同じ「快適な生活の維持」という目的のための活動なわけで、そういう意味では「共同作業」してると ...

溶接の職業訓練中の相方、先日ポリテクセンターに求人を出している企業に見学に行ってきた。(起業準備してることは話しておらず)就職する気はないけど、教官に「見るだけ見てみたら?」と連れて行かれたのだ。見学した会社自体はちゃんとしてて良さげだったようだが、フル ...

昨年12月、岡山で「SAGYO」という野良着ブランドと出会った。「野良着」って言葉、日常ではなかなか使うことはないが、要するに「作業服」「肉体労働時に着る服」である。「SAGYO」←コンセプトは「風景をつくっていく野良着 」。「SAGYO」は質は良いのにちょっとの傷でB品に ...

↑このページのトップヘ