洗濯日和

相方の小商い活動、90年代宝塚月組、LGBT事情、うどん県暮らし、シンプルな暮らしを目指す、相方の自家製食品、ビール日記など。今熱いのは「相方のパン屋開業」です!

タグ:LGBT

たまにはLGBTの話を。私たちの「オープン状況」は、「私=フルオープン」、「相方=オープン半分、クローゼット半分」って感じ。 私だって出会う人全員にいちいち説明するわけじゃないし、相方も必要があると判断したらサラリと私との話をしたりする。言葉で説明しなくても、 ...

このクールで見ていたドラマは、本日最終回を迎える「おっさんズラブ」のみ。先週の牧(林遣都氏)の切ない決断にはやられたよ〜。好きなのに、好きだから離れる。究極の片思いだよ〜。このドラマ、主人公の春田(田中圭氏)が男性2人、女性1人からモテまくるという話。春田 ...

このGWに、県外在住の知人が相方の店に来てくれた。才女で美人で都会的な雰囲気のB氏、いつも話題にするのは「恋愛、結婚、出産」である。それなりの年齢だけど今も独身、いや私は彼女が独身でも既婚者でもどっちでもいいけど、彼女自身に結婚・出産願望があるわけ。B氏とは ...

最近SNSを通じて、教育と文化の地域格差についての記事を何度か見かけた。「「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由 | 現代ビジネス」私も地方出身者だが、教育県と言われるところだからか、親の学歴の問題か、この記事ほどのことはなかった。それでも地方と都 ...

宝塚OGの瀬奈じゅん氏が、特別養子縁組でお子様を授かったことを公表、先日テレビでもその話をしていた。不妊治療の末、夫である千田真司氏の「血のつながりにこだわる必要はないんじゃない?」との提案を受けての決断。公表に踏み切ったのは、「人前に出る仕事である、妊娠 ...

女性と暮らしている女性であるワタクシ、一応「LGBT当事者」の端くれである。そんな自覚はうっす〜いけどね。私はフルオープン、相方はセミオープン?で生きているわけだが、この「カミングアウト問題」、なかなか根深いものがある。私みたいに何も考えずにオープンに生きて ...

私の職場(チーム)は女性優勢な人員配置だが、もちろん男性も幾人かいるわけで。我が職場の男性の特徴は「みんな声が小さい」である。初めからそういう人ばかり採用しているのか、入社後にそうなったのかは不明。女性軍は皆、特に声が小さいということもないので、経営者が ...

ぽっちゃりマスコット的ルックスの相方と、事務員オバサン的ルックスの私。互いにルックスでは目を引かないかもだけど、中身はとっても素敵よ〜(くらいは言いたい)。スラーッと背が高いL友H氏とかを見ると「羨ましいな〜」と思うけど、無い物ねだりしたって仕方ない。我ら ...

最近はドラマなんかにも、キワモノじゃない描き方でLGBTな人が登場するようになった。メディアで頻繁に取り上げられるようになり、差別的な言動が避けられる社会の空気もできてきた。先達たちの地道な活動に感謝である。今は「LGBTに関する問題にも目を向けよう!」と各所で ...

先日、高松市の教職員向け「LGBT研修会」に行ってきた。今回の講師は「あしたプロジェクト」のおふたり。私たちは「プラウド」という団体に関わっているが、似たような活動をする中で、自然とお知り合いになった方々。先日、メンバーのおひとりが相方のお店にビールを飲みに ...

↑このページのトップヘ